電話番号(通話料無料)

畳のお手入れ

畳のお手入れについて

お手入れは大切です

畳の目に沿って

箒(ほうき)や掃除機を使ってやさしく畳の目に沿って掃除をします。
また、水ぶきをするときは、雑巾をきつく絞って拭いてください。水分の多い雑巾で拭くと畳の光沢が無くなります。

カビ取りには

アルコールを布にしみこませて拭き取ります。

湿気をとる

春、秋の天気のよい時に日干しで乾燥させるのが一番の方法ですが、それができない場合は、床と畳の間に空き缶などを挟み込んで裏面に風を流し込んでください。また、窓を開放し室内に風を入れることにより畳の湿気取りになります。

畳の上の絨毯はダメ!

畳の上に絨毯や敷物を敷くと埃などがたまり、ダニやカビのはびこる原因となります。また、畳本来の機能(湿度・温度調整など)を失うばかりか、畳の寿命を縮めてしまいます。

畳の上に重いものを載せるときの注意!

畳の上に重いものを載せる時は、必ず間に敷物(ベニヤ板や段ボール)を敷くようにしましょう。畳のへこみや段差を防ぐことができます。また、へこんでしまった畳は、適度に霧吹きをかけ、寝れタオルの上からアイロンがけをするとある程度は元にも戻すことができます。

加湿しすぎに注意

冬季の加湿器での加湿しすぎに注意してください。カビが発生します。

室内での犬、猫等のペット

畳が痛む原因になると同時に、ダニの発生の原因にもなります。まめなお掃除を心がけてください。

食べこぼしなど

そのままにすると畳が痛みます。汚れた時はすぐにきれいにしましょう。

こんな時

インクをこぼした時!

牛乳で湿らせて拭き取ってください。

灯油、醤油をこぼした時!

こぼした上に粉末状の洗剤、クレンザー、塩、小麦粉、ベビーパウダーなどをふりかけ、十分に液体を吸い取らせてから掃除機で吸い取ります。
その後、堅く絞った雑巾で何度も拭いてください。

クレヨンが付いたとき!

クリームクレンザーをごく少量乾いた布につけて丁寧にこすってください。

カビが生えたとき

消毒用のアルコールを布にしみこませて拭き取ってから、風を入れるなどして乾燥させてください。

ダニが発生したとき

掃除機で数回吸い取り、風通しを良くしてください。その後、畳を上げて除湿機で乾燥するとほぼダニの発生は止まります。

焼き焦げを作った時

タバコのように小さい焼き焦げの場合は、オキシフルで漂白し、ロウを垂らして穴を埋め、セロハンテープを張って焦げ穴を大きくしないようにします。

日焼けを少し消したいとき

中性洗剤で固く絞った雑巾で拭いた後、酢を混ぜたお湯で拭いてください。