電話番号(通話料無料)

畳のコト

畳の機能

機能 解説
部屋の温度調整 夏は涼しく、冬は暖かさを保ってくれる。
部屋の湿度調整(天然エアコン作用) いぐさのスポンジ状の部分や畳床には水分を吸湿(畳一枚で水分500CCを吸収)したり、空気が乾燥すると放湿する調整機能がある。
防音吸音、弾力性 空気をたくさん含んでいるので音や振動を吸収するばかりではなく、転んでも弾力性があるため安全。
空気の浄化作用 いぐさには二酸化炭素や有害な化学物質(ホルムアルデヒドなど)を吸収する能力がある。
天然空気清浄機 いぐさが二酸化炭素などの窒素酸化物に対して浄化能力がある。
断熱材としての効果 いぐさや藁に含まれている空気が、熱を遮断して断熱効果がある。
アロマテラピー効果 いぐさの香は心身ともに癒す効果がある。

畳の歴史

奈良時代 天皇などの豪族の寝具(藁畳)として利用される。
平安時代 ムシロ上の敷物として普及する。
鎌倉時代 書院造が普及し、武家屋敷の寝室に畳が敷きこまれる。
室町時代 書院造の完成により、部屋の周囲に畳を敷き真中を残す使い方から、部屋全体に畳を敷きつめる使い方になる。また、同時に布団の普及により町家農村の人たちにも畳の敷きつめが普及し始める。
安土桃山時代 茶道の完成、それにより畳の上での所作方も確立される。
江戸時代 畳の規格化が始まる。庶民の家でも畳を敷きつめるようになり、畳を敷くことが一般的になってくる。それと同時に畳の消費が拡大する。
これより現代に至るまで、畳は日本人の住生活には欠かすことのできないものとして深く根くようになる。

解説

古事記・万葉集に畳の記述があり、これが「畳」の起源とされている。
畳の語源は、たためるもの・重ねられるもの・敷物が由来で、初期の畳はムシロ上の敷物を折重ねたもののを指していた。
畳が現在の形になったのは、平安時代からで、権力の象徴として貴族の邸宅に敷かれるようになった。室町時代になると部屋全体に敷きつめられるようになり、建物の床材として用いられるようになった。
畳が庶民のものになるのは、江戸時代後期に入ってからで、家の周りで「畳」を干す光景があちらこちらで見られるようになったのもこの時代である。また、畳師や畳屋と呼ばれる人が活躍する時代でもある。
その後、明治・大正・昭和そして現在と「畳」は1300年の歴史を経た今も日本人の住文化の中心に深く根づいている。